白いつめ物外来


Composite Restoration

当院ではminimal interventionという概念のもと可能な限り白いつめ物『ハイブリッドセラミック』を採用しています。

 

近年材料の進歩により、高品質の新しい材料が様々開発されております。そのためむし歯以外の歯質を極力削らずに修復することが可能であり、さらには歯と材料との隙間や段差が少ないつめ物ができるようになりました。材料もさることながら高倍率ルーペを使用することで、より精密な治療ができます。

上の写真は直接お口の中で白いつめ物をした一例です。

従来の銀歯の治療と比べて以下のような優れている点があります。

①極力削らない、低侵襲な治療(minimal intervention)

拡大鏡などを用い、最新の接着材料や充填材料を用いることでより精密なつめ物が提供できます。

②即日で治療が完了

型をとる必要がないため治療は1回で完了します。

「仮のフタが取れてしまって痛い」といった心配もありません。

③大学病院のようなハイレベルの治療

この治療は型をとる治療よりも技術が必要です。それは見えない部分をつめたり、お口の中で形を整えたりする必要があるからです。そのため奥歯の治療などは採用していない医院もあります。

 

当院在籍のドクターの多くは東京医科歯科大学歯学部付属病院で「白いつめ物」を専門に活躍しています。大学での治療を生かし、当院でもハイレベルなパフォーマンスをご提供します。

 


型をとる白いつめ物

上記のコンポジットレジンでどうしても修復できない歯もあります。それは強度の問題、むし歯の大きさ、深さ、対合関係の歯の材料などです。その時は間接法といって、型を取り、歯列模型より技工士に作製を依頼します。この治療は2回の来院が必要となります。

 

e-max(セラミック)

従来のセラミックより強度が高く、透明性にも優れています。そのためよく歯になじみ自然な仕上がりとなります。セラミックなので色は変わりません。

 

 

左の写真は以前銀歯だった部分をe-max(セラミック)で処置した一例です。

一番右の歯がe-maxです。


ハイブリッド

強度はプラスチックとセラミックの間ほどです。審美的にもご満足いただけますが経年的に変色します。奥歯(大臼歯)には強度的にあまり適していません。

左から2番目の歯がハイブリッドです。