入れ歯の治療



「お口の中で動いて安定しない。」

「入れ歯安定剤を使わないと痛い。」

「すぐに外れてしまう。」

これらは『入れ歯が合っていない』サインです。

 

快適に入れ歯を使うために重要なのは以下の4つです。

 

 

精密な型が重要

既製トレーのみで採れる時もありますが大きな入れ歯になると『個人トレー』というオーダーメイドトレーが必須です。

『見た目の改善』『咬み合わせ』は関連している。

・咬み合わせの高さが合っていない。→ クシャクシャの顔に見える。

・適切な唇の支え(入れ歯による張り)がない。→ 口元が年齢より老けて見える。

これは入れ歯を作り直す必要があります。適切な診断をすれば大きなトラブルは解消されます。

◯金属のない入れ歯

金属がない入れ歯も導入しております。

薄くて、軽いため見た目だけでなく使い心地も良いです。

ぜひご相談ください。(自由診療)

 

◯入れ歯が厚くてとにかく不快

 

保険の入れ歯で大きなものは、プラスチックで左右をつないでいます。そのため次のような話をよくうかがいます。

ピンポン球を食べているよう   

味がしない

美味しく感じない      

熱を感じない

このようなお悩みであれば金属床(左写真)がオススメです。(自費診療となります。)

 

真ん中が金属なので厚さはプラスチックの1/3程度

 

熱も感じることができます。

 

アイスを食べた時『アイスの冷たさ』を感じていますか。

『お口は健康の入り口』です。しっかりと咬める・使える入れ歯で美味しくお食事をとっていただきたいです。

 

注)入れ歯ではご要望される状態を提供できない場合もございます。その際はインプラント、ブリッジなど含めた選択肢をご提案させていただきます。