白いかぶせ物

 

白いかぶせ物の代表が、オールセラミックスです。現在では様々材料の開発・改良が加えられ、用途に合わせてたくさんの種類があります。当院で扱う材料をいくつかご紹介させていただきます。

 

ジルコニアセラミックス

以前はフレームに金属を使用したセラミック(下左側の写真)が一般的でした。現在は『ジルコニア』という白いフレームを用いることで歯茎のキワの金属が目立つこともありません。

 

下の写真は金属フレームを用いた従来のセラミックです。まだ装着して数年ですが、歯茎の周りに黒い部分が見えてしまっています。

 

 


 

e-max

ジルコニアセラミックスと違いジルコニアフレームなしのe-maxのみでできた被せ物です。その分透明感に優れ、よく歯になじみ自然な仕上がりとなります。

一方でフレームがない分、強度の面で多数歯のブリッジ、土台の色が強い歯などは色を拾ってしまうため不向きです。

 

 


 

オールジルコニア

被せ物を全てジルコニアで作製しているため強度に非常に優れています。

以前はやや白っぽいことがネックでしたが、今では改善され自然な色に近くなりました。

強度に優れているため、削る量も少なくて済みます。

 


ファイバーポスト(土台)

以前は土台に『金属』を使用するのが主流でした。しかし歯根が折れる、審美障害(黒ずみ)、金属アレルギーなどの弊害がありました。

現在では『ファイバーポスト』という繊維性の材料を使うことがほとんどです。これにより透明性の高いセラミックを被せても「土台の金属色が透けてしまう」といったことがなく仕上がりも安心です。またファイバーポストでは必要以上に歯を削ることもなく、歯を十分に残すことができます。